葬儀の後にやってくる、意外と詳しく知らない風習「お盆」

葬儀の流れを把握し、無事に故人をお見送りすることができたら、法要を経て「お盆」を迎えます。

誰もが経験する行事ではありますが、具体的にお盆とはどういう意味があり、どんなことをするのか把握している人は多くはありません。

特にご家族が亡くなって葬儀を終えてから初めてのお盆は法要と同じように大切に行う必要がありますので、ぜひ覚えておきましょう。

【新盆について】

一般的なお盆とは、ご先祖の魂が年に1回現世に戻ってくるためお供え物などの準備をし、あの世に帰るときには火を焚いて送る儀式になります。

亡くなった人が初めて迎えるお盆のことを「新盆(にいぼん、ういぼん)」と呼びます。

新盆の際は、葬儀に出た親族などを呼び、お坊さんにお経をあげてもらいます。

葬儀後の法要と同じく食事の場を設けることも。

また、ご先祖に供物を送る風習が転じて、お世話になった人に贈答品を送ることを「お中元」と言うようになったそうです。

【千葉のお盆の風習】

お盆の時期は、一般的に8/13~16頃を指します。

東京など一部の地域では7/13~16に行われますが、陰暦と陽暦を採用するかどうかで時期が分かれるようになったといわれています。

千葉は8月がお盆の時期になりますが、佐倉市で行われる「上勝田の盆綱」という風習が有名なようです。

地域の子供たちが藁を使って死者の魂をかたどった竜の形の綱を作り、13日から各家に届けます。

お盆の終わりにその竜を川に流して送り届けるという変わった風習ですが、現在は環境面から川流しは行われていないようです。