バラエティー豊富な結婚指輪のデザイン

結婚指輪のデザインというと「シンプル」がモットーとされていますよね。

やっぱり毎日身に付けるものですから、過剰なデザインは好まれないようです。
とは言え…、いざ結婚指輪を調べてみると、
これが予想に反して様々なデザインの物を見つけることができるはずです。

どれもシンプルなデザインには変わりはないものの…、
シンプルな中にキラリと光るアレンジが加えられています。

一般的に結婚指輪の形状には「平打」と「甲丸」の二種類があります。

平打はリングの表面がベッタリと平たくなっているのが特徴で、
甲丸はリングの表面を丸く加工しているのが特徴です。

シャープでスタイリッシュな印象のある平打と、
ソフトで温かみを感じる甲丸といった感じでしょう。

また、アームラインにも「ストレート」「S字」「V字」と三種類があります。

ストレートはその名の通り、真っ直ぐな飾り気のないデザインのことです。
全体がゆったりとカーブしたデザインがS字、
手の甲側に向かってVの形をしているのがV字になります。

結婚指輪というと昔からストレートが人気のようですが、
S字、V字の方が指と手が美しく見える場合もあるので、
ストレートにこだわること無く、試着して決めてみると良いと思います。

また、縁に小さい粒のような模様を加工する「ミル打ち」や、
ブランド独自の加工を施したモノも多数あるようです。

自分が好むデザインと、自分に似合うデザインが異なるケースも多々あるので、
結婚指輪を選ぶ時には、なるべく色々なデザインを試着してみることをオススメします。