確認しておこう、千葉で葬儀を行う時の一連の流れ②

葬儀の流れですが、納棺まで終わりましたら、いよいよお通夜と葬儀です。

・お通夜

お通夜とは、元々ご遺体を一晩中ご遺族が寝ずに見守る儀式のことを指します。

ですが、最近は多忙な方が多いため一般的なお通夜は数時間行われるのみです。

お通夜の時間は18時からなのがほとんどです。

参列者の受付が済んだ後は、お坊さんの読経とご遺族・参列者による焼香を行います。

地域によっては通夜振る舞いという簡単な食事会が開かれます。

・告別式

お通夜の翌日に告別式を行います。

通夜と同じようにご遺族で受付を行い、香典や弔電を受け取ります。

告別式では、弔電と弔辞を読み上げたあと、お坊さんの読経が始まりますので、その間に焼香を行います。

焼香の順番は、ご遺族~参列者の順になりますが、来賓に国会議員などの先生や地元の名士など名のあるからがいる場合「指名焼香」というかたちでご遺族の後に特別な順番で焼香を行うことがあります。

棺の中に祭壇から摘み取った生花を入れたり、故人の好きだったものを入れるなどご遺体を飾り蓋をします。

洋服や帽子、お菓子など燃えやすいものであればOKですが、メガネや貴金属など焼け残ってしまうのやライターやプラスチック製の環境によくないものは残念ながら入れることはできません。

ちなみに千葉で前火葬を行う地域では、告別式の前に火葬まで済ませてしまいます。

・出棺~火葬

火葬場では、最後のお別れと読経・焼香を行った後に火葬が行われます。

火葬後は故人の骨を箸で拾い骨壺に入れる「骨上げ」を行い葬儀の儀式は終了となります。