千葉の葬儀のいちばんの特徴といえば「前火葬」

千葉の葬儀は、他の地方に比べて特徴や風習が多く、初めて千葉に引っ越した人が戸惑ったり驚いたりすることがあるようです。

千葉の葬儀にはどんな特徴があるのでしょう?

【千葉の葬儀の特徴は前火葬】

初めて耳にする人も多いかもしれませんが、千葉の葬儀は「前火葬」をするのが大きな特徴です。

普通の葬儀は、故人がお亡くなりになってからお通夜~告別式~火葬の順番で行われます。

「前火葬」は、本葬である告別式の前に火葬を済ませる儀式です。

前火葬は、主に館山市や銚子市を中心に行われていますが、都会化が進んでいる千葉市などは一般葬を行っており現在は県内で混在しているようです。

前火葬が千葉に広まったのは、館山や銚子は漁師町のため、先に火葬だけして漁師が戻ってきたタイミングで告別式を行うためだという説があります。

漁に出ている間に家族が亡くなってしまうと一般葬ではご遺体の保存にお金がかかってしまいますから、合理的な方法ともいえますね。

日本には、他に東北地方や沖縄でも前火葬が行われているようです。

【前火葬の注意点】

千葉以外では、一般葬しか経験したことがない人が大半です。

もし前火葬を行う地域で葬儀を行うとしたら、葬儀の連絡をする際に必ず前火葬を行うことを知らせましょう。

お通夜に参列できなかった人が、告別式の場で故人とお別れができなかったというトラブルを防ぐためです。

なお、前火葬を行うタイミングですが告別式当日の朝に行われるようです。